読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 77人
Take.Rのツイッター

2012年02月25日

インナーバレルのガタつきを解消してみよう!

こんばんは~ Take.Rです!

先日、命中精度を向上させる記事の中でよしむね氏考案のインナーバレルのガタつきを極力無くして
組み付ける方法をアップしました。

↓ こちらの画像のように、極小ビスを付ける方法です!
インナーバレルのガタつきを解消してみよう!

詳しくはこちらをご覧ください!

この方法は、加工と調整に少々手間が掛りますので、
今日は数ある中での一つの方法として、比較的簡単にインナーのガタつきを無くす方法を御紹介いたします!

用意していただくのは、瞬間接着剤とアルミテープ!

まずは、シャーシを台所洗剤+歯ブラシで綺麗に洗います!

で、この画像(ハイキャパのシャーシです)を参考に赤マルが瞬着盛り! 黄色丸がアルミテープ貼り付け!
インナーバレルのガタつきを解消してみよう!
インナーバレルのガタつきを解消してみよう!
貼り付け個所は、洗浄後更に有機溶剤等で完全脱脂しておきます!

これだけで、インナーバレル&チャンバーの上下左右のガタつき幅が減少します!

ガタつき減少=命中精度の向上になると思います!

それほど難しい加工ではないと思いますし、効果が無く元に戻したければ戻せるので
ぜひぜひトライしてみてください!



同じカテゴリー(命中精度テスト)の記事画像
M1100で実験!
野外実射テスト!
お座敷イーグル ノンホップ化!
V4加工依頼
これがTake.Rの答えだ!
第1回 ノンホップバレル選手権!
同じカテゴリー(命中精度テスト)の記事
 M1100で実験! (2012-07-23 00:02)
 野外実射テスト! (2012-06-23 16:50)
 お座敷イーグル ノンホップ化! (2012-03-15 16:59)
 V4加工依頼 (2012-03-12 19:14)
 これがTake.Rの答えだ! (2012-03-09 18:43)
 第1回 ノンホップバレル選手権! (2012-03-03 15:27)
この記事へのコメント
今回は慎重に・・・。

昔、WAのハイキャパのインナーバレルのガタつき防止に木工用ボンドを塗ってシャシーに押し込むなんてのがあったなぁとか思い出してしまいました。

あまり意味のないコメントでしたね(笑)。
Posted by Wica at 2012年02月25日 20:22
こんばんは
私もググったりして事例を参考にさせて頂いたぐらつき予防案ですので、考案と言う大それたものでは決してごさいません

でも、少しでも参考になれば幸いです

あと、固定によるBB弾給弾不良、アウターバレルとスライド干渉の恐れも多少ながら発生するリスクが有ります事もご承知おき下さい…
(激しい横振りとかが生じる競技での使用時等)

よろしくお願いします
(⌒-⌒; )
Posted by よしむね at 2012年02月25日 21:50
[壁]¬ェ¬=)ジィー・・・
Posted by かずちん at 2012年02月25日 22:42
かずちんさん、こんばんは!

なんで、こっそり見てるんですか~?(笑)

解った! ブラックメルトも、もっともっと当たるようにして欲しいのですね!

最適なバレルが見つかったら、やりますよ~!
Posted by Take.RTake.R at 2012年02月26日 00:14
Wicaさん、こんばんは~!

なるほど! そういう方法もありますか!

みなさん、いろいろ研究してますよね!
Posted by Take.RTake.R at 2012年02月26日 00:16
よしむねさん、こんばんは!

>固定によるBB弾給弾不良、アウターバレルとスライド干渉の恐れ
これは、確かにありえますね~!
ガタが無い=遊びが無い! ですからね!
必要な遊びというのもありますから…

私のは、今の所不具合無しですね!
Posted by Take.RTake.R at 2012年02月26日 00:19
テイクアールさん、こんにちは。

2012年12月のアラスカン作成記事から遡ってこちらにたどり着き、アルミテープを使ってハイキャパ4.3に同じことをしてみました。
そしたら前は距離10m立射両手保持で8~10cmだったグルーピングが5.5~6cmへと飛躍的に向上。
ビックリです。
ちなみにインナーバレルやチャンバーパッキンなどパーツ類はすべて東京マルイ純正です。

メーカー側の事情として、この部分を動作不良を起こさないようにしながらクリアランスを詰めていくと大量生産が難しいとか、製品価格が跳ね上がってしまうみたいなことがあるのかもしれませんね。
Posted by ニコジェイ at 2019年10月19日 19:49
ニコジェイさん、こんばんは!

この方法は、かなり効果が出やすくて
お奨めなんですよね~
見た目を気にしないのであれば
スライドを組みつけ後に
フレーム側からインナーバレルを
ネジ留めする的な方法も、あると思うのですが
さすがに、そこまではやらなかったんですよね(笑)
Posted by Take.RTake.R at 2019年10月19日 20:20
的撃ちが好きなんですけどガスブロはたまにシューティングレンジへ行って撃つくらいなので、今のところアルミテープで満足しちゃってます。
アルミテープがあればコストほぼ0円。
必要な道具はどのご家庭にもあるハサミとピンセット、脱脂材、クロスと綿棒くらい。
それで効果大ってすごいですよね。

以前、フリーダムアートの次世代アキュコンプ(税込27,500円)に強く惹かれたこともあるんですが、ポチる直前「競技に出るわけじゃなく趣味で撃ってるだけの自分に費用対効果は見合うのか?」と我に返り、ほんとうによかったと思います。
Posted by ニコジェイ at 2019年10月19日 21:41
ニコジェイさん、こんばんは!

>それで効果大ってすごいですよね。
そうなんですよね~(笑)

>フリーダムアートの次世代アキュコンプ
まさにフレーム側から固定する奴ですね!

>費用対効果は見合うのか?
ガスブロ2丁ぐらい買える値段ですからね…

社外品のカスタムパーツも
中には全く効果ない物も多くあって
下手すると、精度ダウンまであるので困ったものです…
Take.Rもインナーバレルやパッキンは
結構買ったな…(汗)
Posted by Take.RTake.R at 2019年10月20日 17:55
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。